大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

重粒子線治療とは

重粒子線を用いた放射線療法

大腸がんのなかでも、治療が難しいというケースに効果が期待されている治療法が重粒子線治療になります。
これは、放射線療法のなかの1つだと考えることもできますが、従来のX線よりも線量の高い重粒子線を使うことになります。

重粒子線というのは、X線やガンマ線よりも質量の重い粒子が高速で移動しています。
放射線のなかの一種類ですが、一定の深さでエネルギーを放出する特長を持っており、電離密度が高いためにより臨床効果を得やすいのだと考えられているのです。

癌だけを狙い打つことが可能

ですから、大腸がんの治療にあたっても、ピンポイントでの照射が可能になります

従来の放射線療法では、がんの周りに放射線に弱い組織があると照射ができなかったり、ほかの正常な細胞まで傷つけてしまうことがありました。重粒子線を使うことができれば、身体の表面に近い部分では線量が低く、患部で線量が高い状態での照射をすることができるのです。

X線の数倍の殺傷能力を持つ

さらに深い部分になると、今度は線量が急激にゼロに近づくという特性を持っています。
そのことで、大腸がんの放射線療法に重粒子線を使えば、同じ線量でも効果的にがん細胞を殺していくことができると言われています。X線やガンマ線に比べると、その殺傷能力は2倍から3倍です。がんの種類によっては8倍ものを効果が出るというケースもあるのです。

外科手術を行わなければ、身体にメスを入れないのでそれだけ負担も減ると考えることもできるでしょう。
ただし、放射線の照射をするので、副作用については注意していく必要があるのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加