大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 症状について初期は自覚症状がほとんどない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初期は自覚症状がほとんどない

下痢・便秘が大腸がんの初期症状

大腸がんの初期は自覚症状がほとんどありません
大腸がんの主な初期症状として便通状態があまりよくなくて便秘または下痢気味だという症状がありますが、これは普通でもありえることですから、まさか大腸がんだとは思わないのではないでしょうか。

そして前に比べるとトイレに入る時間が長くなったと感じている人、時々下腹がチクチクと痛む気がする人、これまでには感じたことがないおなかの違和感を感じている人、最近疲れやすい、食欲があまりない人、これらのことが当てはまる人は要注意です。

これらの症状が続くようでしたら大腸がんかもしれませんので、1度病院へ行って診察をしてもらったほうがいいのかもしれません。

症状が長引く場合には検査を受ける

初期症状がこれといって目立った特徴ではないということもあり、すぐに大腸がんではないかということに気がつかない人は多いです。ですが、初期の段階で早めに病院へ行けば初期の段階で完治可能です。

個人でも違いがあるかもしれませんが先ほど挙げたような症状がある人は少しでも早く病院へ行くようにしましょう。
大腸がんの初期でポリープが見つかった人も大腸がんの初期症状とよく似た症状を実感している人は多いです。
これに気がつかない人は、知らず知らずのうちに大腸がんが進みますので、注意をしたほうがいいのです。

初期段階での対応が重要になる

大腸がんの症状は初期症状でどれだけ対応をしっかりと行うかが左右しますので、早期発見と予防が重要になってきます。あなたも少しでもおなかに違和感を感じたら、早めに医療機関へ行くようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加