大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 症状について大腸がんの兆候 -血便について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸がんの兆候 -血便について

血便は大腸がんの兆候

大腸がんの兆候の一つとして血便があります。
なかなか血便を初めて見つけたときは驚く人もいるかもしれませんが、血便というのは、胃の調子が悪くても現れることはありますし、痔に頻繁になっている人も血便が起きることはあります。

でもこれらの場合にはどちらかといえば鮮血の血便で真っ赤な血が便器についてしまうほどの時もあります。

どす黒い血便には注意が必要

大腸がんの兆候である血便は真っ赤な鮮血とはちょっと違っています。
どちらかといえば大腸がんの兆候の血便はどす黒い色をしていて、べっとりと便に付着しているようなもので、あまり広がりを見せません。そして便に混じり肉眼ではわからないこともあるのです。
鮮血の場合も大腸がんの兆候としてあることもありますので注意しましょう。

また肉眼で捉えた場合でも自分が痔だと思ってしまう人もいるので気をつけたほうがいですね。
大腸がんの人は肛門には痛みはありません。肛門に痛みはないのに血便が出ていれば注意したほうがいいでしょう。

貧血・膨満感の症状が強まることも

大腸がんがあればがんの進行と一緒に血便と並び貧血の症状が悪化する傾向もありますし、慢性的な強い腹痛、お腹が常にゴロゴロいっている、膨満感があるという症状もあります。特定の部分だけが傷んだり強くしこりがある場合もあります。

大腸がんは進行すれば腸閉塞を併発することもありますし、嘔吐、転移などもありますので、そこまでくればもう手遅れの状態といってもいのです。ですから血便が出たら早めに病院へ行くことが大事なのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加