大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 手術療法肛門を残す前方切除術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肛門を残す前方切除術

大腸がんに効果的な切除術

大腸がんの治療法としては、切除術がもっとも代表的なものだと言っていいでしょう。
患部を切除することで進行や転移などを防いでいくことになります。
その切除術には、がんの発生部位や程度によって方法がいろいろと用意されています。

早期発見の場合は内視鏡による粘膜切除で対応できるケースもありますし、そうでなれば外科的手術を受けることになるでしょう。その手術でも人工肛門が必要になる直腸切除術と、肛門を残す前方切除術に分けられます。

前方切除術

前方切除術は、直腸上部のS状部位と呼ばれるところに発生したがんで選択されることが多いものです。
患部の上は10センチ以上、下は3センチほど切除してしまうことになります。

なぜ上側のほうを多く切除しなければいけないかというと、ちょうどリンパ液が上に向かって流れている部位なので、患部の下側よりも上側のほうを多く切除しておく必要があるというわけです。
それでも直腸を多く残すことが可能であることから、排便機能を温存できるようになっているのです。

前方切除術の種類

また、前方切除術には、低位前方切除術超低位前方切除術、高位前方切除術があります。

低位前方切除術を行うのは、より肛門に近い場所が患部になっているケースです。
超低位の場合は、がんの取り残しのリスクもあるので人工肛門の造設も考えなければいけません。
いっぽうで、腹膜反転部よりも上部で直腸を縫合することができるケースを高位前方切除術と呼んでいます。
どの切除術を選ぶかは発生部位によって変わってきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加