大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工肛門とは

人工肛門には腸管が使われる

大腸がんの手術を受けたときには、人工肛門が必要になるケースもあります。
それは、直腸切断術をしたとき、あるいはそのほかの手術後に腸閉塞が起きて便が通らなくなったときに一時的に取りつけるというケースもあります。

人工肛門はストーマとも呼ばれており、臀部の肛門に取り付けるのではなく、腸管を腹部から外に出すことで便の排出口にするものになります。ですから、人工的な器具を取り付けるのではなく、腸管そのものなのだと考えていいでしょう。

人工肛門の特徴

そのため、腸が動くときには一緒に人工肛門も動くことがあります。
表面は粘膜に覆われていますが、粘膜部分には神経が通っていないので、外に出していても痛みを感じることはない反面、強くこすれたりすると出血することもあるので注意が必要になります。
肛門そのもののように閉じたり開いたりする機能はありません。
そのかわりに袋が用意されており、そこに便がある程度たまると捨てていくことになるのです。

人工肛門の種類

そして、人工肛門には単孔式双孔式という種類があります。
単孔式は、直腸切断術の際に作られるものです。
双孔式というのは一時的な人工肛門で、口側と肛門側の腸管の両方からつながっています。

そのほかにも、袋を取り付ける装具などにも種類があり、粘着テープで取り付けるほか、皮膚を保護するための面板になっているタイプなどもあります。
袋と面板が一体型になっているものをワンピース型、分離できるタイプをツーピース型と呼ぶこともあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加