大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直腸切断術

人工肛門を取り付ける手術

大腸がんの直腸切断術はマイルズ手術といわれている手術の方法です。
がんと肛門括約筋がとても近い人はがんを切除し切るためには2センチから3センチの安全粋を必要とします。
ですから肛門括約筋を残すことはできません。そうなるとお尻の穴が開いていても肛門を締める、緩めることはできませんので、肛門の役割が正常に果たせないのです。

この場合にはがんと一緒に肛門、肛門括約筋も切除して肛門の代わりになる便の出口である人工肛門を取り付ける手術になります。これが直腸切断術です。
肛門があった場所はどうなるのかというと、きれいに縫い閉じられるので、お尻の奥は通常二つに割れていますが、お尻の奥が割れていない状態で1本の線の傷になって残ります。

大きな変化が伴う術式

がんを治す治療ではありますが人工肛門になる直腸切断術は自分の体にとってはかなりの変化になるので、この手術をすぐに受け止めることができる人は少ないでしょう。
近頃は技術の進歩なども進み肛門を残せる手術も工夫されているのですが残念ながら手術をしなければいけない結果になる人はまだまだ増えています。

肛門を残すことで生活に支障が出ることも

肛門を残す手術をしたところで肛門の機能は落ちているので、知らないうちに、便、おならがもれる、排便が長時間我慢できないなどの日常生活への支障が出ますし、がんがある場所によっては取り残しの可能性も高まりますので、あまりいい方法とは言えないのです。

直腸がん手術は結腸がんとは違って手術後の生活に与える影響があります。
医師からの説明をしっかりと聞いたうえで理解して受けましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加