大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 手術療法直腸がんの手術で人工肛門になるケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直腸がんの手術で人工肛門になるケース

進行癌=人工肛門ではない

直腸がんの手術で人工肛門になるケースについてですが、病気が進んでいるからといって必ずしも人工肛門になるとは限りません。がんができた場所が肛門に近い部分にあるのかどうかによって肛門を残すのか手術をするのかが決定します。

がんを残さないで取ることが優先され、それが大事なので、肛門括約筋付近にがんがあると、肛門括約筋も一緒にとらなければ、根治治療ができず安全な領域でのがんの切除ができないこともあります。
ですから人によっては肛門を一緒に切除することになるのですが、病気が進んだせいで肛門が残せなかったというわけではないのです。

人工肛門の設置方法

人工肛門を聞くと人工物を取り付けるというイメージがありますが、そうではありません。
直腸切断手術の場合には大半がS字結腸を皮膚の外のお腹の外の壁に直接出しますので、そこに便を受けるためのパウチをあてがうのです。

もともと肛門があった部分はどうなるのか、それは最終的には肛門を含めた直腸すべてを切除するので、肛門があった場所は左右のお尻の壁を一緒に縫います。よって1本の線が入っているだけの状態になるのです。

判断基準は状況によって異なる

直腸がんの手術で人工肛門になるケースの判断基準は患者さんによってずいぶん違いがあります。
肛門から4センチの場所に腫瘍がある人でもお腹側にできているのか、背中側にあるのかにより違いますし、同じ進行がんでも、人工肛門になる人もいればならない人もいるのです。
術前には人工肛門になると考えられていた人も実際手術をすると人工肛門にならなかったケースもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加