大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 手術療法腹腔鏡手術について(特徴・メリット・デメリット等)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腹腔鏡手術について(特徴・メリット・デメリット等)

体への負担が少ない腹腔鏡手術

大腸がんの腹腔鏡手術は1990年代に発達した手術の方法です。
腹部に炭酸ガスを入れて膨らませる方法で行い、おなかにいくつか小さな穴を開け、かんし、腹腔鏡を入れて画像を見て手術をします。開腹手術と比較すると傷が小さいですし、入院する期間も短いので、患者への体の負担が少ないのが特徴です。

以前は大腸がんでも内視鏡で取りきることができないような早期がん、大腸ポリープの除去に実施されていたのですが、今は進行性の大腸がんでも腹腔鏡手術は行っています

腹腔鏡手術のメリット

腹腔鏡手術のメリットは傷が小さくて済むこと、体に負担がないことです。
開腹手術を行えば10センチは傷が残ってしまうのですが、腹腔鏡手術なら穴のサイズは5ミリ程度で済むので、時間がたったら目立たなくなるメリットもあります。

手術をした後の食事も開腹手術の場合は普通食になるまでに1週間かかりますが、腹腔鏡手術においては3-4日もすれば普通食を食べることができるのです。

腹腔鏡手術のデメリット

デメリットは手術時間は開腹手術よりかかること、病片部の直接診断ができませんし細かな手術もできないことです。

中でも腹腔鏡手術は最近開発した手術方法ですから特殊な技術トレーニングが必要なので、必ずしも技術を持っている医師がどこの医療機関にもいるとは限らないということもありますし、どこでも導入しているわけではないというデメリットもあります。
腹腔鏡手術で大腸がん手術を受けるならメリットとデメリットの説明をしっかり理解して決めましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加