大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リンパ行性転移

がん細胞の転移経路

大腸がんのがん細胞がほかの部位に定着して転移をする経路としては、血行性転移とリンパ行性転移、そして播種という3つが考えられます。

がんの場合は、1ヶ所のものがどんどんと地続きで広がるのではなく、飛び地に運ばれて定着してしまうことで転移が起きるというリスクがあります。もとの発生地である原発巣の近くで起きるものもありますが、なかにはまったく違う場所に転移しているものもあるので注意が必要だというわけです。

リンパ管を通し転移するリンパ行性転移

そのなかで、リンパ行性転移というのは、がん細胞がリンパ管に入り込むことで起きるものです。

大腸がんの場合は、がん細胞が増殖して大腸の壁のなかに侵入してリンパ管も侵しはじめます。
リンパ管にはリンパ節という細菌などを防ぐ機能を持った器官がありますが、そこが浸食されてしまうとがん細胞がリンパ管を通じてほかの場所に移動できるようになってしまうのです。
そして、別のリンパ節を侵して、その周辺に広がっていくことになるというわけです。

血行性転移とリンパ行性転移の異なる点

血行性転移とリンパ行性転移では、がん細胞が運ばれる様子に違いが見られます。
血行性転移の場合は、血液によって身体のいろいろな場所に運ばれます。

いっぽうで、リンパ行性転移の場合は、まずはリンパ節転移を起こしてから、リンパ管によって次のリンパ節まで運ばれて、そこでまたリンパ節転移を起こして周辺に浸潤していくことになります。
そこからまた、次のリンパ節に運ばれて、というように広がっていくことになります。
ですから、周辺のリンパ節をいっしょに切除して対応することもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加