大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再発したときの治療

がんが再発した場合の治療法

大腸がんというのは、術前のステージによっては再発しやすいがんだと言われています。
その反面、ステージが低い早期発見の場合は経過が良好な人も多く、切除すればもとの暮らしが可能になるというケースも考えられるのです。

仮に術後に再発してしまったという場合には、まずはもう一度切除することで対応できるかどうかが検討されます。
再発してももとの部位にだけにとどまっていれば、再び切除術をすることで対応できることもあるからです。

他の臓器に転移し再発するケースもある

いっぽうで、大腸がんの術後に転移して、ほかの臓器で再発したというケースもあります
その場合でも、まずは切除が可能かどうかを調べることになるでしょう。

切除が難しいという場合には、抗がん剤治療放射線療法が用いられることになります。その場合は、がんの増殖や転移を抑えることが目的になります。
ただし、より効果の高い治療法も出てきているので、分子標的薬重粒子線療法などによって長く生きられる患者もいます。

肝臓への転移が多い

大腸がんは肝臓に転移しやすいので、肝臓での再発ということも考えられます
その場合は、肝臓のどの部分に転移しているのかによっても治療法が変わってきます。
切除可能でも、どれだけ残せるかが重要になってくるからです。

転移したがんを手術で取り除いて治すことができたという患者もしますし、全体に散らばっており切除が難しいというケースでは抗がん剤治療を行っていくという人もいるのです。
転移が小さい場合は、熱凝固療法が用いられることもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加