大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 放射線療法緩和的放射線療法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

緩和的放射線療法について

症状を緩和する放射線療法

大腸がんの治療法として、緩和的放射線療法が選択されることもあります。
基本的には切除術によってがんの部位を取り除いてしまうことが1番効果的だと言われています。
しかし、なかには取り除くのが困難なケースや、すでにほかに転移してしまっているケースなども考えられます。

その場合には、無理に手術を行うのではなく、症状を緩和させるための放射線療法が選択されることもあるのです。それが緩和的放射線療法になります。

緩和的放射線療法の目的

この緩和的放射線療法では、がんの痛みや出血などの症状をやわらげることが目的になっています。
切除ができない再発型や転移型の大腸がんでも、骨盤内にある痛みや出血に効果があります。

そのほかにも、骨に転移してしまったときの痛みや、脳に転移をして神経系に異常が出てしまったときの症状を緩和する効果も期待できます。化学療法が一般的と言われるなかで、緩和的放射線療法によって延命できるケースもあるということを知っておきましょう。

副作用のリスクが伴う

とくにX線よりも高線量の重粒子線を使ったものなどは、再発型の大腸がんにも効果を発揮することが期待されています。いずれにしても、放射線療法では副作用について気を付けていく必要があります。

下痢や腹膜炎を起こしやすく、人によっては皮膚がかゆくなったり剥けたりといった症状が出る場合もあります。
皮膚の症状は軟膏などで対処していくことになります。そのほか、全身の倦怠感や食欲不振、吐き気などが出るという人もいるでしょう。白血球の減少がみられるケースもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加