大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 放射線療法補助放射線療法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

補助放射線療法について

手術の補助的な役割を担っている

大腸がんの放射線療法には、補助放射線療法緩和的放射線療法があります。
がんの進行度や状態、治療方法の選択によって、どちらが行われるか変わってきます。

もともと放射線療法というのは、患部に放射線を照射することで、がん細胞の遺伝子を破壊して進行や転移を防ぐものになります。そのために、単独で用いられるだけでなく、切除術の効果を高めるために使用されることもあるのです。それが補助放射線療法だと考えていいでしょう。

補助放射線療法の目的

具体的にどういった目的で行われるかというと、がんの大きさを小さくしたり、肛門が温存できるようにしたり、術後の再発や転移を防ぐためのものになります。術前と術後に行われるものがあり、術前のものはがんを小さくするために行われるものが多いと言えるでしょう。

なぜ小さくするのかというと、そのままの大きさでは切除が難しかったり、切除術を簡単にするためです。
その結果として、切除する範囲を小さくすることができ、残せる直腸の範囲によっては肛門の機能も温存できるというわけです。

細胞レベルで癌を破壊する

そして、大腸がんの術後に行われる補助放射線療法は、術前には見えなかった細胞レベルのがんに効果を発揮することになります。目に見えている部分は切除して取り除くことができても、小さくて見えないがん細胞までは手術では切り取ることができないケースもあります。

ですから、放射線の照射によって細胞を遺伝子レベルで破壊して進行を食い止め、死滅へと導くことが大きな効果を持っているのです。
症状が重い人などは、最初から切除術とセットで術後に放射線療法を行うことになります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加