大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線療法とは

遺伝子レベルでがん細胞を破壊する

大腸がんの治療法には、放射線療法もあります。
放射線療法というのは、X線などの電磁波、電子線、粒子線によって遺伝子レベルでがん細胞に働きかけます。
がんの増殖を抑えるために、がん細胞の遺伝子を破壊してしまおうというものになります。

大腸がんの治療においては、直腸がんの術後や術前に行われることがあります。
痛みや出血の症状を緩和することができるほか、再発のリスクを抑えることを目的としたものだと言っていいでしょう。

放射線療法の種類

ですから、大腸がんの放射線療法には、補助放射線療法と、緩和的放射線療法があるのだと考えられます。
術前に行われるものとしては、抗がん剤による化学療法と組み合わせるものもあります。

これは、がんの増殖を止めて、患部を小さくしていくことが目的になります。
部位が小さくなれば、それまで切除が難しかったものも手術が可能になるというケースもあるのです。
もちろん、切除する部位が小さくなれば、それだけ肛門の機能を温存できる可能性も高まります。

切除術の効果を高める補助放射線療法

こういった切除術の補助的な役割で行う放射線療法を、補助放射線療法と呼びます。
そのいっぽうで、切除が難しいもの、あるいは再発や転移による大腸がんなどには、痛みや出血をやわらげるための緩和的放射線療法が用いられることがあります。

骨転移による痛みや、脳転移による神経系の異常などにも効果を発揮することもあります。
大腸がんの場合は、手術による経過が良好な人は、副作用などもあるので無理に放射線療法を用いる必要はありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加