大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 大腸がんの放射線療法

放射線治療

放射線療法とはX線などの電磁波、電子線、粒子線を使い、遺伝子レベルでがん細胞を破壊する治療法です。
放射線療法では、がん細胞の増殖・転移の防止、腫瘍を小さくするなどの治療効果が期待できます。この治療の目的は、手術の効果を高めること、もしくは末期がんの症状緩和として使われています。
非常に高い効果を持つ治療法なのですが、腸炎、下痢、排尿障害などの副作用が起こることもあるため注意が必要です。

放射線療法とは
電磁波、電子線、粒子線によって遺伝子レベルでがん細胞に働きかけ、がんの遺伝子を破壊する治療法です。放射線治療には補助放射線療法と緩和的放射線療法の2種類があります。
放射線療法のメリット・デメリット
手術が困難な部分にも使えるなどの様々なメリットがある治療ですが、その一方で副作用が出てしまうデメリットもあります。
補助放射線療法について
腫瘍を小さくすることで治療効果を高める目的で行う放射線療法です。切除範囲が小さく出来るため体への負担を軽減し、また肛門の温存率も高くすることが出来ます。
緩和的放射線療法について
症状を緩和させがんの痛みや出血を緩和する目的で行われる治療です。治療が難しい進行がんに用いられています。