大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工肛門のある生活

人工肛門は管理を徹底することが重要

大腸がんの手術によって人工肛門をつけることになると、それまで通りの日常生活がおくれなくなるのではと心配になる人も多くいるはずです。
それまで通りの自然な排便ができなくなるということで、がんは治っても不自由な生活になるのではという不安を感じるかもしれません。

しかし、人工肛門になったとしても、その管理さえきちんとしておけば、それほど不自由な暮らしにはならないとも言われています。もちろん以前とまったく同じとはいきませんが、それでも慣れてくれば不自由さは軽減されるのです。

食生活での注意点

たとえば食事についても、手術直後には気を付けておきたいところですが、それ以降は以前と変わらない食生活を送ることができます。ただし、あくまでバランスの良い食事ならばとくに制限はないという意味です。暴飲暴食をしていては体調を崩すもとになります。

また、運動などはできるのかということについては、お腹に力が入ったり、激しい接触のあるスポーツは避けたほうがいいでしょう。ただし、適度な運動は再発予防にもなるので奨励されています。

入浴も問題なく行える

なかには人工肛門の臭いが心配だという人も多くいます。
その点について、現在一般的に使われている装具ならば、臭いについてはそれほど気にする必要はないでしょう

入浴ができなくなるのではという心配もあるかもしれませんが、入浴は通常通り可能です
そのかわり、ストーマ袋がふやけてしまうことがあるので、中身を取り除いてから湯船につかったほうが良いでしょう。
公衆浴場などでは、小さい装具やキャップに付け替えて入浴するという人もいるようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加