大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 治療後のこと性機能障害(特徴・対処法など)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性機能障害(特徴・対処法など)

性機能障害が予後に起こることもある

大腸がんの治療を受けた後には、いろいろな障害が発生するリスクもあるので、予後には注意が必要になります。
たとえば、排便機能障害や排尿機能障害などがみられることもありますし、なかには性機能障害が起きることもあるのです。

これは、男性だけでなく、女性にも起きることがあるとされています。
その原因としては、直腸の周りにある自律神経を手術の際に傷つけてしまうことがあげられます。
それによって障害が出てしまうというわけです。

性機能障害の特徴

大腸がんのなかでも、患部が直腸のときには切除するときに自律神経を傷つけてしまうリスクがあります。
それは、転移を防ぐためにリンパ節もいっしょに切除するため、骨盤内の神経を傷つけやすいからです。

性機能障害になると、男性の場合は、勃起不全になったり、射精ができなくなることがあります。
ただし、女性の場合も含めて、精神的な部分での症状というケースも多くあるので、術後の時間の経過によって機能が回復する人もいるのです。

膀胱内に射精する逆行性射精

男性の射精障害の場合には、膀胱内に射精してしまうという逆行性射精になってしまうというケースがあります。
これも手術の後遺症だと考えられるので、医師に相談をしたほうがいいでしょう。
がん治療の担当医ではなくて、泌尿器科医を紹介してもらうことになるでしょう。

人工肛門にしたという人でも、精神的な部分から性機能障害が起きてしまうこともあります。
そのためのメンタルサポートなども考えていく必要があるのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加