大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手術後の排便に関して

術後に起こる排便の機能障害

大腸がんの手術を受けた後には、排便に関して機能障害が発生することもあります。
どういった障害が生じるかというのは、直腸をどれだけ温存できるか、あるいは肛門は温存できるかによっても変わってきます。

また、開腹手術を受けることになると、どうしても腸と腸がくっついたり、腸と腸壁がくっついたりという症状が出ることが多くあります。その結果として、口から取り入れたものが通過しにくくなってしまい、膨張感や嘔吐感があるという人もいるのです。

一時的に起こる可能性がある症状

さらに、大腸がんを切除したときに、腸と腸とを縫合したケースというのは、なにかを食べた後に吐き気を感じたり、便秘になりがちだという人もいるのです。
これらの症状は、障害というほどではなく、退院して術後の状態が落ち着けばなくなってくることが多いのです。

ただし、大腸がんの予後には下痢もしやすくなるので注意をしたほうがいいでしょう。
直腸がんを切除したあとなどは、下痢頻便、便失禁などの障害が発生することもあります。

排便の機能障害の対応法

そして、切除しなければいけない直腸の範囲が長いケースや、肛門に近い場所だというときには、こういった障害が起きることを防ぐために、あらかじめ人工肛門を勧められることもあるのです。

術後にある程度、下痢や便秘の症状が落ち着いたという人でも、術前の状態までは回復しない場合もあることを知っておきましょう。便の回数が多いという人は、食事のメニューに気を付けたり、整腸剤を処方されることもあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加