大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超音波内視鏡検査

超音波を使った検査法

大腸がんの範囲や転移状況の画像診断の1つとして超音波内視鏡検査が行われます。
内視鏡に超音波検査のプローブがついていれば超音波内視鏡と呼ばれています。

エコー検査とは違い、胃、腸の中の空気、腹壁や腹腔の脂肪や骨が邪魔になることもありませんので、観察をしたい目的の近くからも高周波数の超音波を当てられ、高いレベルでの超音波観察をすることができるのが特徴です。

腫瘍の状態を詳細に確認できる

大腸がんの検査で超音波内視鏡検査をすれば、腫瘍の状態を詳しく調べることができます
消化管の中から超音波検査を行うことが可能なので、表面では見ることができない粘膜の下にできた腫瘍の位置も大きさも浸潤具合などもわかりますし、悪性の程度や周辺の臓器とはどれくらいの位置関係であるのかといった状態も知ることができます。
また周辺のリンパ節に転移しているかどうかを調べることも可能です。

良性・悪性の判断も可能な検査法

良性なのか悪性なのか、大体の判断をつけることができて、検出能力が一番優れている検査とも言われています。
そしてがんかどうか疑われる場合にも実施されているのですが、診断が難しいがんの診断もできるので、欠かすことができない検査なのです。

普通の内視鏡と比較すると、先端が太く、そして硬いですから入れる時に不快感が強いのが特徴です。
この検査にかかる時間は通常の内視鏡検査と比較すると長めになる欠点もあるのですが、この検査でしかわからない情報もありますので、がんの診断には欠かすことがないので我慢して受けるしか方法がありません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加