大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織診・細胞診

周辺細胞を採取し確認する検査法

組織診・細胞診は大腸がんの検査の1つとしても行われているのですが、細胞診は、医師が臓器、組織の表面を専用の器具を使って細胞を擦り取り、脱落している細胞をスライドグラスに塗って、アルコールで固定をします。

そしてその検体を検査技師が特殊な染色をして顕微鏡で見て細胞の形、大きさや染色体の状態などを調べて悪性を示唆する細胞があるかどうかを調べます。細胞のみならず背景の状態も出血があるかどうかもトータルで判断可能でとても高度で困難な検査方法の1つです。

確定診断に欠かせない検査

この検査方法はパパニコロ医師が開発しましたが、最初は落ちてきた細胞で何を調べるのだと、周囲の声はとても冷ややかでしたが、その診断が極めて正確であることもあり、今は認められているのです。

大腸がんだけでなく、体のどの細胞も採取できるので、がんを診断する上では欠かすことができない検査の方法ということで行われてます。

組織診・細胞診のデメリット

ですがあくまでもそれぞれの細胞の形態での判断なので組織検査で診断することができる情報は欠損しています。細胞診で異常がありコルポスコープといわれる拡大鏡を見て、狙いパンチという生検をし、そして組織診を行ってがんという診断がつけば、ここで初めてがんの治療をすることになります。

大腸がんの場合には細胞診のみで手術を決めることも治療をすることもないでしょう。
必ず組織診をした上ではじめてがんの治療をすることができることになりますので、大腸がんにおいても、細胞診、組織診どちらも行っています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加