大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便潜血検査

便何の血液を確認する検査法

大腸がんの便潜血検査はどのような検査なのでしょうか。
この検査は公費補助で受けることができる検査でもあります。専用の容器に便を少し入れて提出をすれば、便の中に血液が混じっていないかどうか調べることができます。

最初は化学反応で検出をしていたので感度がそれほどよくはなく、動物や魚の血液でも反応してしまっていたので、食事制限をした上でこの大腸がんの潜血検査を受けなければいけませんでしたが、最近は抗体を使った方法に変わり、これまでの弱点を解消して行われています

進行癌に有効な検査法

大腸がんの便潜血検査は当たり前ですが出血している病気しかわかりませんので、これは大腸がんがかなり進んでいなければ陽性反応が出ません。
早期のがんや平坦ながんはあまり出血しませんので、便潜血検査のみだけで大腸がんを発見するというのは難しく、早期での検査は見逃されてしまうことが多いので注意しましょう。

また血液に反応する検査なので、痔を持っている人は陽性になる可能性が多く、治療をする必要がない痔の患者さんもかなりの頻度で陽性反応が出ることもあります。

簡易検査として用いられいる

こうした問題もありますので、専門病院ではあまり便潜血検査を大腸がん検査として進めることはないようです。
もし心配であれば精密検査を受けたほうがいいでしょう。
血便がある人がこの便潜血検査を受けても意味がありませんので、簡単なこの検査はスクリーニング程度の検査だと思っておいたほうがいいでしょう。そして陽性が出れば精密検査を受ける必要があります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加