大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRI検査

磁気を使った画像検査法

大腸がんの範囲や転移している状況を判断するために画像診断の検査としてMRI検査を行います。
大腸がんに限ったことではないのですが、MRI検査は磁気によって各磁器共鳴現象を使って、画像に描くという検査方法です。この検査方法なら患者さんが被爆することはありませんし、様々な断層面の撮影をすることができるという利点があります

。しかし、血液の流れ、呼吸、消化管の動きが雑音になって影響することもあって、画質が正しく撮影できないこともあるという欠点もありますので、それを覚えておきましょう。

転移状況の確認に有効

大腸がんでは、MRI検査をして肺への転移がないか、肝臓への転移がないか、がん性腹膜炎やリンパ節転移、卵巣転移や骨への転移などについて調べる際にMRI検査を行うことが一般的です。

中でも大腸がんの場合には肝臓に転移する確率が高いといわれているので、大腸がんの治療をしてからも、予後として注意深く経過観察をしなければいけませんので、その際に、大腸がんの予後検査としてMRI検査を行うことが多いのです。

治療方針の判断にも役立つ

CT検査、MRI検査などの結果は、前に行われているエックス線検査、内視鏡検査の結果と照らし合わせることで、総合的な判断をしますのでこれ単独で判断をすることはほとんどありません。

そしてがん治療をしている場合に、どれくらい効果が出ているのか、それを調べるのにも使います。
治療方針を選ぶ上でとても重要な情報の1つとしてMRI検査は行われているのです。
検査したい臓器、その周辺をミリ単位で観察できるので重宝しています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加