大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 検査の内容CEA -大腸の腫瘍マーカーによる検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CEA -大腸の腫瘍マーカーによる検査

癌細胞の有無・状態が確認できる検査

大腸の腫瘍マーカーによる検査についてです。
腫瘍マーカーは正常な細胞であっても少しは作ることができるのですが、がん細胞からは多めに作られるたんぱく質、酵素のことでがんの細胞があるかどうかがわかったり進行状態を調べるのにも役立ちます。

腫瘍マーカーの検査、これは一般的には血液を採取すればできるのでとても普及している検査です。
腫瘍マーカーの数は50を超えるまでといわれています。

術後の検診にも使われている

大腸がんの腫瘍マーカーの数字を調べれば手術を受けてから取り残しがないかどうか、抗がん剤の効果があったかどうか、放射線治療の効果があったのかどうか、再発の兆候がないかどうかといったことを目安に判断可能です。

腫瘍マーカーの検査、これは検査をするだけなのでとても簡単ではありますが確実ではないこともあります。
腫瘍マーカーの陽性が偽りであることもあります。

腫瘍マーカーは万能な検査法ではない

ある程度の大腸がんが進行していないと陽性の数値を表さないこともあります。
進行大腸がんであっても場合によっては陽性にならないこともあります。

複数の臓器で作られているがんがあるとどの臓器なのかそれを特定することはできません。
ですから腫瘍マーカーが高い数値を表していた場合でもがんの疑いがあるかもしれないという診断に過ぎず、画像検査を並行で行わなければわかりません。

大腸がん検査で腫瘍マーカーが高いということだけではがんであるかどうかは診断ができないのです。大腸がんの腫瘍マーカーでは主にCEA、CA19-9 、NCC-ST439などが臨床現場では用いることが多いでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加