大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 検査の内容CA19-9 -大腸の腫瘍マーカーによる検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CA19-9 -大腸の腫瘍マーカーによる検査

CA19-9の腫瘍マーカー検査

CA19-9という大腸の腫瘍マーカーによる検査はどのような検査なのでしょうか。
これは患者の血清中にCA19-9という物質が明らかに増加するのがわかるのですが、それを使う検査です。
ですがすべての例が高い数値を表すわけではなくて80パーセントの陽性率であることがわかっていますし、病気が進行しなければ高い数値にはならないことが欠点です。

CA19-9はルイス抗原が陰性の人は大腸がんでも高い数値にならないことがありますので、これだけで検査をするのではなくて、ほかの腫瘍マーカーも一緒に検査をすることが適切です。

検査結果と基準値について

基準値としてはラジオイムノアッセイ法では、37U/ml以下ですが、10代から20代の女性の場合には高い数値になることが大半です。40歳を過ぎてからは性別、年齢によって変化することがないでしょう。

このCA19-9の数値が高ければ大腸がんやすい臓がんなどの消化器系のがんがあるかもしれないということになります。悪性のものばかりでなく肝硬変や肝炎、胆石症といったがんよりも良性の病気であってもCA19-9が増えることがありますが、その場合は数値が比較的低いことでわかります。

数値が100U/ml以上になればがんが発症している可能性が高いのでがんが発見できなかったとしても、それ以後経過観察をすることになるでしょう。

異常値が出た場合は精密検査が求められる

異常値が出ている場合には検査を再度受ける必要があります。
ほかの部分と組み合わせて検査をしてどの部分にがんができているのかを調べます。
腹部超音波検査やCT検査、MRIの検査なども行って内視鏡を使った検査も行っていきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加