大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 大腸がんの検査内容

スクリーニング検査

大腸がんの検診では、まずがんの疑いがあるか確認するため、いくつかの検査でふるい分けを行います。この検査全般をスクリーニング検査といいます。
主な検査としては医師による問診・触診、血便を確かめる便潜血検査、血液か特殊な細胞を確認する腫瘍マーカーなどがあります。
この時点で問題が見つかれば精密検査を受けることになります。比較的検査の高い検査ですので、早期発見のためにも必ず受けるようにしましょう。

問診
問診はがんの病状を知るために大変重要なものです。体に感じる異変は包み隠さず担当医に伝えることが大切になります。
便潜血検査
専用の容器に便を入れ、血液などが混じっていないかを調べる検査です。公費補助で受けることができます。
腹部触診・直腸指診
医師の手でしこりの有無、形状、固さなどを確認する検査です。肛門内も指で確認するため多少の痛みが伴います。
CEA (腫瘍マーカー)
がん細胞から作られるたんぱく質や酵素の量を血液から確認する検査法です。検診だけでなく術後、治療中にも用いられています。
CA19-9 (腫瘍マーカー)
大腸がんの発症時に増加するCA19-9という物質を血液から確認する検査法です。他の腫瘍マーカーと併せて行われるのが一般的といえます。

精密検査

スクリーニング検査で疑わしい点が確認されると、より詳しい情報を得るための精密検査が行われます。
精密検査では、造影剤を使ったエックス線撮影や、細胞を採取しがんの有無を確認するもの、特殊な機材を体内に入れ腸内を直接確認する大腸内視鏡検査などが行われています。
検査内容からも分かる通り、中には痛みや苦しさが伴うものもありますが、大腸がんの早期発見・早期治療には欠かせない検査なのです。

大腸内視鏡検査
特殊な機材を肛門から挿入し腸内を直接確認する検査法です。現在では痛みや苦しさを大幅に軽減した軸保持短縮法も登場しています。
直腸X線造影検査
造影剤を使った後に、X線で撮影して大腸の状態を確認する方法です。
組織診・細胞診
病巣と思われる周辺の組織を採取し、顕微鏡で形、大きさ、染色体の状態などを調べてる検査です。

がんの範囲・転移状況を画像診断

大腸がんの状況や転移の有無、リンパ節への転移状況などを確認するにはより精密で正確な検査が必要になります。一般にはCT、MRI、X線、超音波、PETなどの検査が用いられているようです。
ただし、それぞれにメリット・デメリットがあるので、単体で検査するのではなく、他の検査と併用することで精度を高めていきます。
治療中、治療後のどちらにも用いられている検査法ですので、内容や検査結果について理解を深めるようにしていきましょう。

腹部CT検査
エックス線をいろいろな方向から当てることでより鮮明な画像を起し、病巣の確認をする検査法です。内視鏡でも確認が難しい箇所を診断するのに効果的です。
MRI検査
磁器共鳴現象を用いた画像検査で、病変を立体的に確認することができます。体への負担が少ないのも特徴の一つです。
胸部X線検査
がんの範囲や転移状況を画像で確認する検査法です。一般的にはレントゲン検査と呼ばれています。
超音波内視鏡検査
超音波を利用した検査で、腫瘍の状態を詳しく調べることができます。また、リンパ節への転移、良性・悪性の判断にも効果を発揮します。
PET検査
病巣の範囲や転移状況を画像で確認する検査法です。他の病気にも反応を示すため内視鏡検査と併用するのが一般的です。