大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリペクトミー

ポリペクトミーは内視鏡治療の一種

大腸がんの手術のポリペクトミーは内視鏡治療のひとつです。
キノコの形のような太いかさ、細い茎にあたる部分が存在している大腸がんの腫瘍を取り除くときに行われる手術の方法です。

最初に腫瘍の細い部分に内視鏡の先から出る細い金属の輪を引っ掛けるのですが、この細い金属の輪、これはスネアと呼ばれています。この輪をキノコの上の傘から通して茎の部分にひっかけてこの輪を締めます。
輪を締めて電流を流すことで腫瘍とその周辺の粘膜が焼き切られます。

ポリペクトミーのメリット・デメリット

この方法なら入院をせずに日帰りで受けられるので時間がない人、入院することが仕事の都合などでできない人にとっては便利な手術です。ポリペクトミーは外来受診が可能ですぐに治療ができますのでとても手軽です。

内視鏡手術のポリペクトミーは、早期発見の大腸がんでキノコみたいな形をした腫瘍に用いられますので、キノコの茎に当たる細い部分がない腫瘍や、平らな形をしている腫瘍にはこの方法は適用されません。

入院が必要な内視鏡的粘膜切除術

キノコ型ではない腫瘍の内視鏡治療を受ける場合には内視鏡的粘膜切除術という手術がありますので、こちらで治療ができます。

ポリペクトミーが外来での治療ができたのに対して、こちらの治療法は入院が必要になることもありますので、時間的にはポリペクトミーよりもかかりますが、それでも内視鏡治療ですから体への負担はとても軽く、手術を受けても回復が軽いのが特徴です。どちらの場合も早期がん対象の治療法です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加