大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 内視鏡手術内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

内視鏡的粘膜下層剥離術の手術内容

大腸がんの手術の1つに内視鏡的粘膜下層剥離術があります。
これはESDともいわれる手術で病片周囲の切開をして、それに引き続き粘膜の下を剥離して病片を切除していく手術です。EMRと同じように腫瘍の周辺に印をつけるマーキングをして行う手術です。
そして腫瘍、周辺の粘膜の下に薬を入れて、腫瘍全体を隆起させます。
そして電気メスのようなフレックスナイフを使って最初に病片の周りから切開していきます。

病片の粘膜の下をフレックスナイフで剥離しつつ適宜止血処置をしていきます。
病片が剥離されて止血する処置が終わればこれで治療は終わります。
大きな病片であっても内視鏡を使って一括で切除できるというメリットがありますが、同じ内視鏡手術の内視鏡的粘膜切除術EMRに比べると手術時間が長いのが特徴です。

合併症のリスクが伴う

また合併症として腸壁に穴があくという報告もありますが、大半が内視鏡処置をすることによって保存的改善を行えるので開封手術になることはほとんどないでしょう。
入院時間は1週間程度で、合併症が起きてしまった場合でも大半の人が2週間程度で退院することができます。

体への負担が少ない術式

大腸がんの内視鏡的粘膜下層剥離術を行っている医療機関はそれほど多くないので、導入している医療機関を探すことから始まることになるでしょう。

専用のナイフを使って少しずつ剥離していき、切り取った後の止血処置をしっかりと行いますし病理検査も行いますので、予後の経過も安心できる手術方法ではあります。開腹手術に比べて体への負担が少ないのも特徴です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加