大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TNM分類

国際対がん連合が提案した分類法

大腸がんの分類としてTNM分類があります。
これは大腸がんの分類だけに使われるのではないのですが、がん全般を分類するのにTNM分類を使用します。

がんの進行度を分類する方法の1つです。日本では一般的にはステージ分類で説明を受けることのほうが大半ですが、専門家はTNM分類で話をすることが一般的なのです。

分類に結果について

この分類そのものは国際対がん連合が提案しています。
専門家の間では一般的によく使われている分類方法でTNMの三文字ですがこれは頭文字をとっています。


Tはtumoeで腫瘍という意味です。
T0の腫瘍なしのレベルから、がんのサイズと浸潤によってT1からT4まで分類されています。どのように分けるのか、それはそれぞれの臓器ごとに分類が決められています。

次にNですがこれはlymph nodesでリンパ節のことを言います。
N0はリンパ節転移がなしとなり、リンパ節転移の程度を分類するのにN1からN4に分かれています。数が増えれば増えるほどに遠いリンパ節にも転移をしていることになるのですが、正確な分類はそれぞれの臓器によっても違います。

遠隔転移を表すM分類

Mはmetastasisこれは遠隔転移を言いますがM0の遠隔転移なしから始まって、M1なら遠隔転移がありとなり、この2種類だけでパラメーターはM2以降は数、臓器に対しての分類がないのが特徴です。

TNMの数値に×の値をつけることがあるのですが、これは分類しない、分類不能という意味になります。
N×となっていれば、リンパ節転移の有無は不明という意味合いになるのです。
大腸がんには大腸がんの分類があります。TNM分類は臓器ごとに分類が若干違っているのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加