大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進行がん

大腸がんは無症状で進行する

大腸がんの浸潤度合いでの進行がんになると、治療は早期がんに比べると手術を受けなければいけなかったり、厄介になります。大腸がんというのはサイレントキラーとも言われているほど全く無症状で知らないうちに進行することが多いのです

たとえば同じがんでも胃がんの場合には胃痛、胃潰瘍があって早期がんでも早めに自覚症状が現れますので、すぐに気がついて早期発見が可能です。
でも大腸がんの場合には早期がんももちろんなのですが進行がんまで進んでいても症状が全くありませんのでとても厄介といえるでしょう。

大腸がんの自覚症状

大腸がん症状として多いのは血便、便が細くなる、腹痛があるのですが進行がんの中には出血が一切なく、血便がないので気がつかない人も多くてわからないこともあります。

血便がないからといっても大腸がんではないということではないのです。
大腸がんの進行がんが見つかっても便が普通だった人は大勢います。便だけで判断するのは注意したほうがいいかもしれません。

痛みの症状は癌の進行を意味する

大腸がんで腹痛を伴うケースでは、仕組みとしては腸管の周りにがんが広がりますから腸管の中が狭まり、それによって腸閉塞を起こしているので腹痛になると考えられます。
ですから腹痛があって大腸がんが発見された場合には、すでにほかの臓器に転移している状態まで進行しているといってもいいでしょう。

がんを切除することは転移があったとしてもできるのですが、手術を受けた後は転移のための治療を別で開始する必要があります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加