大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュークス分類(A/B/C/D)

国際的に認められた癌の分類法

デュークス分類の特徴についてですが、これは大腸がんの分類の種類のことです。
大腸がんのデュークス分類は国際的に使用されており、分類はAからDまであります
大腸がんの分類といえばステージで表現することもありますがそれ以外の分類方法としてこれがあります。

分類について

デュークスA、これはがんが大腸壁の固有筋層の中にとどまっている状態です。
そしてデュークスBはがんが大腸壁を越えて外に出している状態で、外に出てはいるのですが、リンパ節には転移していない状態のことを言います。

そして大腸がんのデュークスCは、がんが大腸壁を越えて外に出ていて、リンパ節に転移している状態を言います。
いわゆるステージで表現した場合のステージ3に値すると考えていいでしょう。
そして最後にデュークスDですが、腹膜、肝臓、肺といった部分に遠隔転移がある場合です。
これはステージ4に値します

ステージとデュークスの違い

ステージとデュークス分類はほぼ同じですが、どちらかといえば国際的に使われているのはデュークス分類なのでこれは覚えておいたほうがいいかもしれません。
日本では大半がステージ分類を使っていますので、国内の病院で大腸がんについての説明を受けるときにはステージ分類で話をされることが大半です。

大腸がんの病気分類はこのように2つがあるのですが、病院によってはデュークス分類を使用しているところもあるかもしれませんから、知っておいて損はありません。話を聞いていてわからないことが出てきたら、その都度医師に聞くと安心です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加