大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

国際的な分類法

がんの状態や進行の程度を表す方法には、国際的に定められた分類法が使われています。
その代表がTNM分類デュークス分類です。どちらもがんの状態や進行度合いで分類していきますが、TNM分類は分類項目が多く設けられているため細かな分類が行えます。
そのため、大腸がんだけでなくがん全般の分類にも用いられいる方法なのです。自身の状態を確認する上でも、分類が何を示しているのかを理解しておく方がいいでしょう。

デュークス分類
国際的に使用されている分類法です。ステージとほぼ同じ意味を表しています。
TNM分類
国際対がん連合が提案した分類法です。この分類はがん全般に用いられいます。

ステージ分類

がんの進行度合いを表す分類にはいつくかの種類がありますが、日本で一般的に使われているのがこのステージでしょう。
ステージを簡単に説明すると、0、1、2はリンパ節への転移がない状態を意味し、ステージ3からはリンパ節への転移が疑われます。
ステージ4になるとリンパだけでなく他の臓器への転移も起こっている状態を表しています。
大腸がんは早期治療なら完治することが出来る病気です。定期検診を受けるなど、ステージを上げないよう心がけましょう。

ステージ0と1
ステージ0はがんが粘膜の中でとどまっており、ステージ1は腸管の壁への浅い浸潤であることを意味します。
ステージ2
ステージ2はリンパ節への転移はないものの、がんが筋肉層の外にまで浸潤している状態です。
ステージ3
ステージ3は腸壁にある筋肉層の外まで浸潤が進んでいる状態です。また、リンパ節への転移していることが疑われます。
ステージ4
ステージ4は血行性転移により肝臓や肺への転移が考えられる状態です。大腸がんだけなく、他の臓器の治療も必要になります。

肉眼的分類

大腸がんでは外見や浸潤度などを元に分類を行うことでその後の治療方針を決めていきます。肉眼的分類もその一種で、医者が内視鏡などを使い直接腫瘍を確認し分類を行っていきます。
方法としては腫瘍の大きさ、隆起の有無、形状などを参考に細かく分類を行います。
また、内視鏡を使用する方法のため部位や腫瘍の状態によってはその場で切除することも可能です。内視鏡検査は早期発見・治療のために不可欠な検査なのです。

表在型(0型)
表在型はがん細胞が粘膜、もしくは粘膜の下層に留まっているケースをいいます。このタイプは早期がんに分類されます。
腫瘤型(1型)
腫瘤型は目立つ突起がないタイプをいいますが、形状から表面隆起型、表面平坦型、表面陥凹型に分かれます。進行がんに含まれます。
潰瘍限局型(2型)
進行がんのため早急な治療が必要になるタイプで、くぼんだ形状をしています。大腸がんで最も多いのがこのタイプです。
潰瘍浸潤型(3型)
潰瘍が崩れてしまい広がりを見せている形状をしています。死亡率が高まるのはこの3型からと言われています。
びまん浸潤型(4型)
大腸がんではめったに見られない稀なタイプで、サイズも大きく深達度も高めです。悪性度が最も高いのがこのタイプです。
分類不能(5型)
分類不能はどのタイプにも当てはまらない形状を示します。がんが相当進行していることが疑われます。

がんの浸潤度合いの分類

がんの分類にはいつくかの方法がありますが、最も簡単なのが浸潤度合いで分類する方法です。
この分類には早期がん、進行がんの2項目がありません。どちらになるかは浸潤度合いと腫瘍の大きさで決めていきます。
また、がん化していない10mm程度のポリープも、将来、がん化する可能性があるため、早期がんに含むことになっています。
大腸がんは早期治療であるほど予後が良好になる病気です。進行させないよう日頃から注意するようにしましょう。

早期がん
早期がんは粘膜固有層、粘膜下層にとどまっている状態です。10mm程度のポリープも早期の大腸がんに分類されています。
進行がん
進行がんはリンパ節へ、他の臓器への転移が疑われる状態です。治療も難しくなるため、手術療法は必須になるでしょう。