大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 化学療法抗がん剤と分子標的薬の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤と分子標的薬の違い

新しいタイプの抗がん剤治療

大腸がんの治療法として考えられるのは、切除術と抗がん剤による化学療法だと言っていいでしょう。
しかし、もう1つの薬物療法が登場したことによって、患者や医師にとっては選択肢が増え、治療の可能性も大きく広がることになったのです。

それが分子標的薬です。分子標的薬というのは、抗がん剤のなかの一種だという言い方もできますが、そのなかでもまったく新しいタイプの抗がん剤だと考えていいかもしれません。

分子標的薬の特徴

分子標的薬はがん細胞の働きそのものに作用するので、悪い部位を狙い撃ちして治療が行えるようになったからです。それまでの抗がん剤というのは、がん細胞を殺すことができるものを選んで使用していただけにすぎず、そのメカニズムまで理解されていたわけではありません。

しかし、分子標的薬というのは、がん細胞の増殖や転移を抑えることができるという目的のために作られた薬になります。ですから、この薬ならば細胞レベルでがんに効くという効果が明確な治療薬になっているのです。

副作用を軽減できるメリットもある

また、従来の抗がん剤と分子標的薬との違いとして、副作用についてもあげることができるでしょう。
これまでの抗がん剤というのは、がん細胞にも作用するというだけで、正常な細胞も攻撃してしまうことがありました。そのことで、白血球の減少などの副作用を引き起こしていたのです。

しかし、分子標的薬ならば、ターゲットになっている分子にだけ作用するので、がん細胞に対する特異性が高いと言われています。そのため、正常な細胞まで攻撃してしまうという副作用は起きにくいというわけなのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加