大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 化学療法抗がん剤による副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤による副作用

重篤な症状を起こす副作用もある

大腸がんの治療には、手術と化学療法があります。とくに抗がん剤を使用するときには、副作用にも気をつけておきたいところです。なかでも大腸がんの化学療法というのは、副作用によって死亡するケースも報告されているので注意が必要なのだというわけです。

それは、血液を作るための細胞にまで影響を与えることで、白血球が減少してしまうのが原因です。
それによって、肺炎や敗血症を引き起こして、重篤なケースでは死に至ることがあるのです。

危険な副作用とは

白血球の減少という症状のなかでも好中球が少なくなってしまうと、感染症にかかりやすくなってしまいます。
そのことで、発熱から肺炎などになっていくというわけです。

また、赤血球が減少することで貧血になりやすくなるというケースもあります。
血小板が減少するというケースでは、あざができやすくなったり、出血が止まりにくくなったりします。
こういった血液に関わる副作用は骨髄毒性とも呼ばれており、大腸がんの化学療法をするときには経過の確認が欠かせません。

代表的な副作用

そして、そのほかの副作用としては、吐き気や便秘、脱毛などの症状が出る人もいます。
吐き気をもよおす人は多く、状態が悪いと脱水症状を引き起こすこともあります。
人によっては軽度の吐き気が続くだけというケースもあります。

下痢や便秘になりやすいという人もいるでしょう。脱毛は抗がん剤治療でも見られるものですが、治療が終わればまた生えてくると言われています。むくみや動悸、筋肉や関節の痛みを訴える人もいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加