大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗がん剤の役割

手術の効果を高める役割を担う

大腸がんの治療法には、抗がん剤治療もあります。
これは手術の補助的な意味合いを持つものと、それ以外のものに分けて考えることができます。

まず、手術の補助としての抗がん剤治療では、手術の前や後、あるいは手術中などにおいて、その効果を高めるために用いられることになります。
たとえば、進行中の大腸がんに対して、手術前に化学療法を取り入れることによって、患部を小さくしてから手術を行うというケースもあります。そのほうが切除がしやすくなるからです。

再発・転移の防止にも有効

また、手術後の抗がん剤治療というのは、再発や転移の防止という意味合いが強くなります。
なぜならば、目に見える部分は切除することができても、細胞レベルでがんが残ってしまうことも考えられるからです。

その場合、術後に抗がん剤を投与していくことによって、再発や転移の可能性を狭めることができるというわけです。
術後の化学療法によって、目に見えない小さながんにまで対応しておけば、より根治に近づけることができるのです。

延命治療にも使われる

そして、大腸がんにおけるそれら以外の抗がん剤の役割としては、すでに切除が難しい状況になってしまっている患者に対して行われるものもあります。それは、転移を防いだり、進行を遅らせたりするものです。

生存期間の延長を目的としたもの、あるいは患者のQOLを維持するためのものなども考えられるでしょう。
すでに多くの部位に転移してしまっているケースでも、根治は難しくても抗がん剤治療によって患部が小さくなり、当初の診断よりも長く生きられるというケースもあるのです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加