大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 大腸がんの化学療法

抗がん剤治療

大腸がんだけでなくがん全般の治療に欠かせないのが、抗がん剤を用いた化学療法です。
これは薬剤によりがん細胞を殺し腫瘍を小さくしていくく治療法です。強い副作用が伴い脱毛や吐き気などの症状を起こしますが、分子標的薬の登場によりその副作用も最小限に抑えることが可能になりました。
また、治療意外にも手術の効果を高める補助化学療法や、転移・再発の防止などにも一役買っているのがこの抗がん剤治療です。

抗がん剤の役割
抗がん剤治療は手術などの効果を高める、治療後の再発・転移を防ぐ、進行を遅らせるなどの役割があります。
抗がん剤による副作用
一般に抗がん剤の副作用には吐き気、便秘、脱毛などが考えられますが、中には重篤な症状を引き起こす副作用も存在します。
補助化学療法とは
手術などの治療効果を高める目的で行う抗がん剤治療を補助化学療法といいます。
抗がん剤と分子標的薬の違い
抗がん剤はがん細胞を殺すための薬剤であるのに対し、分子標的薬はがんの働きに作用することができるのです。そのため、副作用も少なく、増殖や転移の予防に高い効果を発揮します。
分子標的薬について
新しいタイプの抗がん剤治療です。特定の分子だけをターゲットにするため、他の正常な細胞を攻撃することがありません。