大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 大腸がんについて大腸がんは遺伝と関係ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸がんは遺伝と関係ある?

遺伝性の大腸がんは10%以下

大腸がんは遺伝が原因のものと、そうではないものがありますが、すべての大腸がんの中で遺伝性の大腸がんの割合は5パーセントから10パーセント程度といわれています。

遺伝によって発症する大腸がんですが、家系にがんを発症している人が多い人、大腸がんの発症年齢が若く50歳以下の人、複数のがんを発症しているなどの条件が1個でもあてはまる人はリンチ症候群と呼ばれる遺伝性非ポリポーシス大腸がんという種類と考えられます。

家族性大腸ポリポーシス

家族性大腸腺腫症は家族性大腸ポリポーシスとも言いますが、これを疑うのは大腸にポリープが多発している人はもしかすると家族性大腸腺腫かもしれません。

腸や胃にポリープが多発している人、子供のころから急な腹痛で調子が悪くなる人、口唇、口腔内、つめの周りに黒い色素が沈着しているなどの条件を1つでも満たしている人はポイツ・エガース症候群という大腸がんを疑います。

遺伝性ではない癌の特徴

大腸がんの中でも遺伝性の大腸がんの特徴が無い大腸がんももちろんあります。
家系にがんを発症している人が少ない人、腸、胃にポリープが多発していない人、大腸がんの発症年齢が高齢の人、同じ人に複数のがんが発症していないなどの条件をすべて満たしている人は大腸がんであっても、遺伝が関与している可能性はほとんど無いといってもいいでしょう。

日本人は一生涯でがんにかかる確率は2分の1で両親はがんではない場合でも兄弟が4人いた場合は、その中の2人ががんにかかると思われます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加