大腸navi

-大腸がんの症状や治療を見つける-

大腸がんの症状や治療を見つける〜大腸navi〜トップ > 大腸がんについて大腸がんになりやすい人・年齢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸がんになりやすい人・年齢

高齢者になるほど発症率が高まる

大腸がんになりやすい人・年齢を見ていきます。
大腸がんに限らず、他のがんも同じですが、年齢が上がると共に発症する確率は高まります。
どれくらいの年齢になると大腸がんリスクが高まるのか、少し前では60歳、70歳くらいになると発症確率が高まるとされていたのですが、今は若年化が進み明らかにもっと若い年齢でも大腸がんを発症することが多いのです。

統計を見てみると30歳くらいから少しずつ発症することがわかっており、45歳から50歳くらいで一度に罹患率が上がることが統計でわかっています

積極的に定期健診を受ける

最近は50歳を過ぎたら大腸がんの定期検査は必ず受けなければいけないといわれています。
推奨されているのは40歳で、40歳を過ぎたら積極的に大腸がんの検査を受けたほうがいいとされているのです。

市区町村でも40歳を過ぎたころから定期健診の案内が来ると思いますので、自治体などで受けられる人は積極的に受けたほうがいいでしょう。

若年層の発症も増えている

30歳以下でも大腸がんを発症する場合もあり、その場合は極端にストレスがたまっていたり、生活習慣の乱れ、遺伝的なことが原因といわれています。家族性大腸線腫症という病気もあるので、遺伝が原因で大腸がんになることもあります

またなりやすい人は、日常的にたばこ、アルコールを摂取する人、脂っこい食事が好きで赤身の肉を好んで食べている人、生活習慣が不規則で、特に食生活が乱れていて野菜を食べずに偏った食事ばかりを食べている人は大腸がんになりやすいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加